日本語アクセントの習得とイントネーション一フランス語母語話者による日本語発話の音調特徴とその要因一 - Université Grenoble Alpes Accéder directement au contenu
Article Dans Une Revue Japanese-Language Education around the Globe Année : 1997

Intonation and Acquisition of Japanese Accent: Factors to Characterize the Interlanguage Intonative Pattern by French Native Speakers

Intonation et acquisition de l’accent japonais : Facteurs pour caractériser la forme intonative interlinguistique par les francophones

日本語アクセントの習得とイントネーション一フランス語母語話者による日本語発話の音調特徴とその要因一

Résumé

The purpose of the study is to propose the effective method with which to teach Japanese intonation and accent. As a fundamental research for this purpose, I intend to report on the results of experimentation which was designed to test acquisitional influences by input and first language (L1) transfer in the process of learning Japanese accent and intonation by French and Japanese (Tokyo, Kyoto-Osaka) native speakers. The results indicates that: 1) French speakers apply the French prosodic rules to Japanese utterances. Consequently, French speakers can realize the intonative patterans for Japanese utterances which bear a close parallel to French intonative patterns. The accentual pattern of a Japanese phrase (bunsetsu) by French speakers changes whether it is focused or not. 2) The differences of the prosodic structures between Japanese and French are crucial factors in characterizing the surface intonative patterns of Japanese utterances by French speakers; while Japanese prosodic structure forms a hierarchy centering around the accent, the French prosodic structure forms a hierarchy centering around the intonation. 3) The L1 transfer of prosodic rules prevents French speakers from acquiring a Japanese accent. However, it is possible for them to acquire (1) the intonation of Japanese utterance, (2) the intonative pattern of Japanese accentual phrase, and (3) the japanese accent.
フランスと母語話者の日本語アクセントの習得について、インプットの影響と母語の転移を考察の中心とし、東京都話者、京都・大阪語話者、フランス語母語話者を対象に調査分析を行った。その結果、次のようなことが明らかになった。 1) フランス語母語話者は日本語発話において、フランス語の音調規則を適用している。その結果、日本語文のイントネーションは、フランス語文のイントネーションに類似する。またフォーカスの有無によって、日本語文の文節のアクセントが変わる。 2) フランス語母語話者の日本語発話の音調上の特徴を決定づける要因は、日本語の韻律構造が、アクセントを中心とした階層関係にあるのに対して、フランス語はイントネーションを中心とした階層関係にあることである。 3) フランス語母語話者の日本語アクセントの習得は、母語の音調の転移によって困難になる。しかし、日本語のイントネーションをまず習得すると、次に句音調、アクセントの順に習得できる可能性がある。
Fichier principal
Vignette du fichier
08.pdf (1.11 Mo) Télécharger le fichier
Origine Fichiers produits par l'(les) auteur(s)

Dates et versions

hal-02113571 , version 1 (29-04-2019)

Identifiants

  • HAL Id : hal-02113571 , version 1

Citer

Chieko Shirota. 日本語アクセントの習得とイントネーション一フランス語母語話者による日本語発話の音調特徴とその要因一. Japanese-Language Education around the Globe, 1997, 7, pp.113-135. ⟨hal-02113571⟩

Collections

UGA TICE LIDILEM
96 Consultations
124 Téléchargements

Partager

Gmail Mastodon Facebook X LinkedIn More