談話のプソロディー:書き言葉と話し言葉

Résumé : 日本語の談話のプロソディは、言語的には、談話を構成する各成分の意味的限定機能に対応している。しかし、書き言葉と話し言葉では、この機能を表示する言語形式が異なるため、発話時のプロソディも異なったものになる。また、話し言葉には、話者の意図や態度、聞き手との関係などのパラ言語情報も含まれるため、書き言葉的スタイルの発話には見られない上昇音調を伴った多様なイントネーションが実現される。
Complete list of metadatas

http://hal.univ-grenoble-alpes.fr/hal-02015993
Contributor : Chieko Shirota <>
Submitted on : Tuesday, February 12, 2019 - 3:14:36 PM
Last modification on : Tuesday, September 17, 2019 - 9:49:31 AM

Identifiers

  • HAL Id : hal-02015993, version 1

Collections

Citation

Chieko Shirota. 談話のプソロディー:書き言葉と話し言葉. The 17th Japanese Language Symposium in Europe, 5-7 September 2013, Association of Japanese Language Teachers in Europe e.V. (AJE), Sep 2013, Madrid, Spain. pp.103-108. ⟨hal-02015993⟩

Share

Metrics

Record views

31